地下鉄西新より徒歩8分の早良区の小児歯科・矯正歯科「ひろこ小児・矯正歯科」です。

Orthodontics For Kids

3歳児検診で4~5%該当

下の歯が前に出ていると、かみ合わせが悪いため食べ物をしっかりとかみ砕きにくく、下の歯が長持ちしにくい場合もあります。息がもれるため、発音がうまくできなかったりもします。
厚生労働省によると3歳児検診で年間約4万~5万人(4~5%)が該当するといわれています。
  大抵は「永久歯が生えるまで様子を見ましょう」といわれますが、自然治癒する割合は1割に達しません。
小学生上級生以降になって、頭にベルトを巻き下あごを押さえつける「チンキャップ治療」などが試みられますが、子どもへの負担が大きいです。
  そこで最近注目されているのが、幼児のうちに改善させる「ムーシールド」による治療法です。
寝ている間、口に特殊なマウスピースを装着する方法です。
  受け口は舌の位置が低く、下あごを前に押し出すように筋肉の圧力が働きます。
マウスピースの装着で舌の位置を上げ、口の周りの筋肉を正常化することで、上あごの成長を促し、下あごの成長を抑えます。
日本大学歯学部講師で「調布矯正歯科クリニック」院長、柳澤宗光さんが約20年前に考案しました。
 対象年齢は3~6歳。装着は寝ている間だけで済みます。柳澤さんは毎年20~30人の子どもを治療してきましたが、6ヶ月~1年で効果が表れ、約9割で改善が見られました。3年前に米国で注目されたことから国内でも見直されました。

痛みなく嫌がらず

東京都武蔵野市の会社員の長女(7)は3歳児検診で受け口と診断されたが、「様子を見ましょう」と言われ、放置してきました。たまたま柳澤さんに診てもらって治療法を知り、5歳から治療を始め、1年後には改善したそうです。母親は「寝ている間、口に装着するだけなので楽だ。痛みもなく、子どももいやがることもなかった」と話されました。

実施施設少なく

ただ、ムーシールド治療を行っているには現在、全国約100施設で、日本歯科医師会は治療法を紹介したビデオCDを作り、普及に力を入れています。柳澤さんは「難しい症例もあるので、どの治療法を選ぶかは専門医とよく相談してほしい」とした上で「大人になってからより、幼児のうちに治療した方が楽です」と早めの治療を勧めています。

<非表示>

出典:毎日新聞「受け口の治し方」

携帯診療予約

ぱぱぱねっとはパソコン・携帯電話を使い、会員登録から診療予約まですべて可能です。(※ケータイはSSL機能対応機種に限ります)
※SSL対応機種に関しては、それぞれの公式サイトをご参照ください。

ひろこ小児・矯正歯科

住所: 福岡市早良区高取1丁目5-10オリエンタル西新2F
電話番号:092-833-8688
  • 診療の予約はこちら